携帯電話の使用規制と個人情報保護

活動報告写真

携帯電話の使用規制と個人情報保護

 携帯電話の使用が規制されているエリアとしては、病院はその典型的な例です。電波を発することによる医療機器等の誤作動を防止するため、1997年の政府指針に基づき規制が開始されました。しかし携帯電話の通信技術は日進月歩であるため従来に比べて発する電波の影響が小さくなってきており、使用規制を緩和する動きがあります。総務省や厚生労働省等で組織する電波環境協議会は病院での携帯電話の使用ルールを見直し、新たな指針案を発表しました。
新指針の内容はつぎのとおりです。

 *待合室においては、メールの送信やネットの閲覧は可能とする。
 *診察室においては、電源を切る必要はない。しかしメールの送信やネット閲覧は控える こと。
 *病室においては、メールの送信やネット閲覧は可能とする。しかし通話は控えること。
 *手術室や集中治療室及び検査室においては、従来通り電源を切ること。

 携帯電話の使用規制の緩和は、今後電車内のシルバーシートにも及びそうです。医療機器を身に着けている患者に対しては従来どおり原則使用禁止の配慮が必要ですが、こうした患者は外見だけでは見分けがつきにくいのが現状です。そのためにエリアを区分して規制していた措置を、技術革新を理由に原則解除の方向へ向けるというのです。個人情報という個人を識別する情報を保護するのではなく、個人の身体・生命を保護するのですから、運用面を考えるとより慎重に解除の方向性を検討すべきかと思います。



プライバシーマーク スタッフブログのトップに戻る