プライバシーポリシーと個人情報保護

プライバシーポリシーと個人情報保護

プライバシーポリシーと個人情報保護

プライバシーポリシーをホームページに掲載する会社が増えてきました。個人情報保護方針とか個人情報に関する基本方針というタイトルで会社における個人情報の取り扱い理念を明確にする宣言文です。多くは会社の代表者の名前で作成するものですが個人情報保護法により作成が義務づけられているものではありません。

プライバシーポリシーは個人情報保護における第三者認証(プライバシーマーク制度)を受ける場合には作成が必須になります。通常、次の5項目について述べられています。
1.個人情報を利用目的の達成に必要な範囲で取り扱い、目的外利用はしないこと。
2.個人情報の取り扱いに関する法令等を遵守すること。
3.個人情報の漏えい、滅失等を防止するために必要なセキュリティ措置を講じること。
4.個人情報の苦情等には迅速に対応すること。
5.個人情報の取り扱いについては継続的に改善すること。

プライバシーポリシーには個人情報保護に取り組む姿勢や基本的な考え方を記述するものですから、ホームページに掲載する場合は、トップページからみて次の階層のページに掲載することが必要です。読み手に配慮しトップページから1クリックで読めるよう目につきやすい場所にリンクを貼っているのを多く見かけます。個人情報保護法による作成義務がないものの、個人情報を取り扱う会社はお客様から大切な情報をお預かりしているのですから、個人情報保護に対する基本姿勢は明確にすべきであり、お客様に不信感を与えないようをできるだけ分かりやすい、読みやすい内容で掲載して欲しいものです。



プライバシーマーク スタッフブログのトップに戻る